SEO対策

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。簡単に言うと検索エンジンからサイトに来てもらうための技術です。まずは「どんなキーワードで検索された時に上位に表示されたいか」という事を明確にし、その上でサイトの内部的・外部的調整を行います。

サイト制作についてある程度の知識(HTML、CSSなど)を持った上で行わないと難しかったり、スパム扱いになって逆効果になる可能性もありますので、理解出来る方のみ行う、という事が大切です。

一般ユーザーはインターネットの入り口として「yahoo!!」や「google」といった検索サービスを利用します。しかしそのほとんどが検索結果の2ページ目までしか見ない、という事実があります。すなわち、3ページ目以降にあるサイトはほとんど閲覧される事が無い=存在価値が低いという事になってしまいます。それではせっかく作ったサイトが台無しです。狙ったキーワードでの検索結果が高くなる事は、購買意欲の高い一般ユーザーをつかむ大きなチャンスになります。

SEOに関して肝に銘じておかないといけない事、それは「検索結果を上げるためだけのSEOはしない」という事です。過度なキーワードの乱用や整理されていない相互リンク等は「スパム」という扱いになり、上位表示どころか検索結果に表示されなくなるという最悪の事態になりかねません。

そしてローマは一日にしてならず、「SEOも一日にしてならず」です。的確なSEO対策を施したとしてもすぐに検索結果が上がるとは限りません。1ヶ月2ヶ月経ってから効果が現れる事も珍しくありません。また、同じ内容のSEO対策を他サイトに施しても同じような結果が得られるとも限りません。サイトごとに合わせた対策が必要になります。

以上の事を踏まえ、一番大切な事は「ユーザー側の立場に立って考えること」。

例えば相互リンクのページも、リンクをただ並べているページとカテゴリごとにキレイに整理されたページとではユーザー側の利便性は明らかに違います。ユーザーを無視して大量かつ無作為なリンク集だけページ「スパム」と認識される可能性が高いでしょう。

以上のような事を頭の片隅に置きながら、より良いサイト作りを心がけましょう。